沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

新垣 裕治Arakaki Yuji

プロフィール

生年月 1962年5月
出身地 沖縄県
最終学歴

琉球大学理学部生物学科卒業 1986年3月

琉球大学大学院理学研究科修士課程生物学専攻修了 1988年3月

学位

理学修士(琉球大学) 取得年1988年

学術博士(琉球大学) 取得年2008年

担当科目

(学部)

エコツーリズムⅠ・Ⅱ、自然観察指導法、自然保護論、外書講読、地球の環境とその保全、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、生物学

(大学院)

エコツーリズム特論、海洋生態学特論

専門分野

生物学 (Biology)、 エコツーリズム

研究課題
  1. エコツーリズムに関する調査
  2. マングローブ調査
  3. マングースの分布等に関する調査
  4. 移入種をテーマとした研究
  5. ナガウニ属の分類
所属学会
  1. 沖縄生物学会
  2. 日本サンゴ礁学会
  3. 野生生物保護学会
  4. 日本観光研究学会
  5. Society of Wetland Scientists(SWS)
主要論文・著書等
  1. A recent speciation event in the Indo-West Pacific:rapid evolution of gamete recognition and sperm morphology in cryptic species of sea urchin. The Proceedings of the Royal Society of London, Biological Sciences Vol.270 2003年
  2. Morphological comparison of black Echinometra individuals among those in the Indo-West Pacific. Zoological Science, Vol.16(3) 1999年
  3. Comparative studies of the Genus Echinometra from Okinawa and Mauritius. Zoological Science, Vol.15 (1) 1998年
  4. Gamate incompatibility is a prezygotic barrier: evidence from experimental hybridization between tow recently diverged species of Pacific sea urchin. Rahman MA, Arakaki Y, Yusoff FM, Lee SG, 2018, Bulletin of Marine Science. Vol 94(4):1313-1332.
  5. 沖縄島羽地内海沿岸及び屋我地島沿岸干潟におけるマングローブの分布状況について.新垣裕治 2017年3月 名桜大学紀要(22)13-22.
  6. 沖縄県国頭村県道70号線沿い(安田~楚洲)におけるヤンバルクイナ目撃及び見学者に関する調査.新垣裕治・比嘉太造・津嘉山実結、2018年3月 名桜大学紀要(23)15-21.
社会的活動
  1. 沖縄県環境教育プログラム改訂版作成委員会
  2. 名護市自転車活用推進計画策定検討委員会
  3. 沖縄県北部農業農村整備事業環境情報協議会
  4. 名護市観光協会理事
支援可能な内容・領域
  1. 環境保全に関する事(主に動物)
  2. 地域活性化に関する事(主にエコツーリズム関連)
PR

 野外活動で活動するのが好きです。大学時代にスキューバダイビングを始めました。今はレスキューダイバーの資格を持っています。時間を見つけてマウンテンバイクとロードバイクに乗っています。カヌーにも乗ります。大学の講義と公開講座では、名護市内川やダムで学生や地域住民に対しカヌー体験をして貰っています。地域固有の自然は守らなければならない貴重な存在です。楽しみながら、守りながら、良くしながら、次世代へ引き継いでいかなければならない遺産だと常に意識しなければと戒めています。

Share!

ページトップへ