沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

内部質保証に関する方針大学紹介

1.内部質保証の目的

 本学の建学の精神である「平和・自由・進歩」及び教育研究上の目的の実現に向け、内部質保証に関する基本方針を定め、教育研究活動等について恒常的・継続的に質の向上を図ることを目的とする。

2.内部質保証の体制

 全学的な内部質保証に責任を負う組織として、自己点検・評価委員会及びIR室を「内部質保証推進組織」とする。内部質保証推進組織は、自己点検・評価活動を統括し、教育研究活動等におけるPDCAサイクルをマネジメントし、内部質保証が適切に機能するよう検証する。

3.自己点検・評価の実施

 各部局、学群・学部・研究科・専攻科及び各委員会(以下、「部局等」という。)は、自己点検・評価活動の実施主体として、定期的に自己点検・評価を行う。その結果を自己点検・評価委員会へ報告するとともに、改善・向上策を講じる。

4.外部評価の積極的な活用

 内部質保証の有効性を客観的に検証するため、公立大学法人名桜大学評価委員会による法人評価及び認証評価機関による認証評価を受審する。その評価結果並びに指摘事項等を自己点検・評価委員会を通じて学内の部局等へ通知し、改善・向上策を講じる。

5.情報の公開

 本学は、社会的説明責任を果たすため、自己点検・評価に係る結果等について積極的に公表する。

6.教職員個人における質保証

 組織的なFD活動及びSD活動を通して、教職員それぞれが教育研究活動等の質の保証の担い手であることの自覚を促す。

名桜大学内部質保証体制図

Share!

ページトップへ